2017-03-10 07:38 | カテゴリ:FREE WILL
会社の帰り道、ちょっと立ち寄って見ました
20160416-P4160083-2.jpg

20160416-P4160101-2.jpg

20160416-P4160136-2.jpg

20160416-P4160108-2.jpg

20160416-P4160161-2.jpg
スポンサーサイト
2017-01-01 09:32 | カテゴリ:FREE WILL
寒中お見舞い申し上げます
喪中挨拶-1
2016-11-26 21:43 | カテゴリ:FREE WILL
東京管区気象台によると、午前11時に東京都心で積雪を観測しました。
11月に積雪が観測されるのは観測史上初です。
埼玉 熊谷 3センチ  11月の積雪は66年ぶり
群馬 前橋1センチ  11月の積雪は66年ぶり
栃木 宇都宮 3センチ  11月の積雪は46年ぶり
山梨 甲府 0センチ  ※午前10時に1センチを観測 11月の積雪は58年ぶり

町田でも積雪が・・・
朝起きると辺りの民家の屋根は真っ白でした。
20161125-PB250021.jpg
朝起きて二階の窓から撮影
20161125-PB250032.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

機材:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + OMD E-M1
2016-11-13 17:52 | カテゴリ:FREE WILL
青空・紅葉の最盛期・雪を頂きぽっかり浮かぶ富士、ここまで条件が揃った日に当たることは滅多に
ないでしょう。
最高の条件に恵まれて丹沢湖の紅葉と富士の絶景を堪能しました。

20161113-DSC_7385-2.jpg

20161113-DSC_7537.jpg

20161113-DSC_7506.jpg

20161113-DSC_7419.jpg

20161113-DSC_7428.jpg

20161113-DSC_7435.jpg

20161113-DSC_7446.jpg

20161113-DSC_7460.jpg

20161113-DSC_7467.jpg

20161113-DSC_7445.jpg

20161113-DSC_7478.jpg

20161113-DSC_7494.jpg

20161113-DSC_7498.jpg

20161113-DSC_7435.jpg

20161113-DSC_7460.jpg

20161113-DSC_7467.jpg

20161113-DSC_7478.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

機材:nikon AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR+D810

2016-09-06 13:18 | カテゴリ:元気な人
第60回高円寺阿波おどりの初日は小雨模様で開催が危ぶまれましたが主催者側の勇気ある決断によって決行されました。8カ所用意された演舞場(通り)には小雨模様にも拘らず熱心な観衆が開催の数時間前からビニールシートやカッパ、傘で雨対策をして今か今かと夕方5時の開催を待っていました。
20160827-P8270783.jpg
さて、この雨の中で何処でどうやって撮影するか???ちょっと考えてしまいましたが、
この雨では皆んな先ずは雨対策でコンビニのカッパなどの雨具は売り切れになると思い早めに例のコンビニカッパを
確保しました。それを着用して次は撮影ポイント探しでうろうろ・・・何せ沿道から撮影するのが初めての
私としては何時もと勝手が違うので場所取りは同行のCMに任せました。開始時間の五時には雨模様にも拘らず沿道は
人垣でビッシリ(。>ω<。)。やはり、踊り手の正面に構えて撮影しないと迫力が出ない。
うまいこと「ひがし演舞場」(上記写真)のゴール地点にあった提灯屏風の背後に何とか場所を確保。提灯の間からレンズを突き出し構えるという他から見たら笑ってしまうような撮影スタイルでした。(その写真を撮っておけば良かった)

20160827-DSC_5713-2.jpg例によって午後2時からセシオン杉並の舞台を観覧
今年は舞台の近くだったので80-400では全体をファイだーに入れるのに苦労しました

20160827-DSC_5793-2.jpg気勢を上げなら突進する男衆

20160827-DSC_6546-2.jpgこれが有名な苔作のハチャメチャ踊り

20160827-DSC_6917-2.jpg
とにかく跳ね踊る

20160827-DSC_6364.jpg
ちょっとおいろけ

20160827-DSC_6555.jpg
乱れ舞う

20160827-DSC_6859.jpg
マイペース

20160827-DSC_6845.jpg
襷の合間で舞う

20160827-DSC_6601-2.jpg
ふらりふらり酔いどれ踊り

20160827-DSC_6931-2.jpg
だっこして〜


20160827-DSC_6614-2.jpg
真剣勝負

20160827-DSC_6652.jpg
そろそろお眠かな〜

今回の撮影ポイントは8会場ある演舞場の中でも一番外れで観衆が最も少ないと思われる所でしたが
それでも沿道は人垣で埋め尽くされ、その隙間から撮影する難しさを痛感しました。

今回、撮影会としては成立しませんでしたが阿波踊り好きの同行CMが隣でシャッターを切りながら、「ヨー最高!がんばれ〜」と言う応援にこちらも元気をもらいながら勢いに乗って撮影出来ました。

本日の踊りは20時が最後、時間が来るとどの会場も最高潮の中で演舞は終了します。
私はひがし演舞場から純情演舞場そして最後は中央演舞場と移動しながら撮影して回り10分前には
大観衆の合間を抜けるようにして駅に向かい、東京夏祭りの名物、高円寺阿波踊りを今年も撮影できた充実感に浸りながら帰途につきました。

2016-05-11 07:22 | カテゴリ:FREE WILL
GWのこの時期は様々なお魚が乗っ込みシーズンに入ります。
いろいろやることがあって釣行も少なくなってしまいましたがこの時期の黒鯛釣りは
釣果も期待できるので都合をつけて行きたい釣行の一つです。
と言う訳で5月1日二年振りに黒鯛釣りに行ってきました。

未明3時前には家を出て(ヤマちゃんとほぼ同じです)途中コンビニで食料とビールを買い込み
久里浜へ向かいました。
黒鯛釣りは何時もこの釣り場に決めています。
4時前には目的地に到着してしまいました。駐車場には既に数台が停まっていて
車の中で仮眠を取っているようです。乗船予定の船の場所取りをするために車からクーラーボックスを下ろして
席札代わりに並べておきました。これで船の場所取りが決まるのです。(船によってやり方はまちまちです)

私は早く着いても仮眠を取る気にならないので夜が明けきらない港を散策します。
実は、これも楽しみの一つです。

4:18
20160501-P5010014.jpg

20160501-P5010027.jpg

20160501-P5010081.jpg

20160501-P5010051.jpg

20160501-P5010028.jpg

20160501-P5010030.jpg
この船がいつもお世話になっている平作丸さんです。

20160501-P5010088.jpg

20160501-P5010073.jpg

船が漁場に向かう出船時間はこの港の組合の決まりで7:00

各船はその時間の少し前になると思い思いのスタート地点にスタンバイします。
20160501-P5010097.jpg

20160501-P5010095.jpg

20160501-P5010100.jpg

20160501-P5010101.jpg
7時丁度に待機していた各船はエンジンを蒸し一斉にポイントに向かいます
20160501-P5010116.jpg

20160501-P5010137.jpg

20160501-P5010143.jpg
ここまでの機材:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO+OLYMPUS OM-D E-M1

黒鯛のポイントは近いです。
最近の船はハイパワーエンジンを搭載しているので15分もあれば着いてしまいます。
陸地まで1kmも離れていないような棚と言われる海の中にできた小高い山のようなところがポントです。
この日のポイントは水深約20mのところでした。
この日、私の釣果は50センチ級を過去最高の7枚でした。
昨年は逃してしまったGWの黒鯛釣りですが今年は天気にも恵まれて満足でした。

釣りに忙しくて船中の写真はなしです。

ご近所数件にお配りして残りを恒例の刺身パーティ用に温存。

お刺身は釣りたてよりも〆たお魚を氷をたっぷり入れた海水に1から2日漬けてから
料理すると鮮度も落ちないし美味しく戴くことができます。
20160503-image1.jpg
恒例のメダカ池刺身パーティー  私自慢の黒鯛姿造りです〜(^-^)/   スマホ撮り

2016-04-26 07:48 | カテゴリ:趣味する人
4月17日 町田アクトで「いぬねこ保護活動チャリティーライブ!!が開催されました。
そこに恩田川桜まつりで一緒になった「ぬこ部れい」が出演するというので応援撮影に行きました。
オープニングは手馴れた?楽器演奏から(^∇^)ノ
20160417-DSC_1916-2.jpg

20160417-DSC_1918-2.jpg

20160417-DSC_1928-2.jpg

20160417-P4170151-2.jpg

20160417-P4170129.jpg

20160417-DSC_1964-2.jpg

20160417-DSC_1987-2.jpg

20160417-P4170185-2.jpg

20160417-DSC_2018-2.jpg

20160417-DSC_2040-2.jpg

20160417-DSC_2035.jpg

20160417-DSC_2047.jpg

20160417-DSC_2086.jpg

20160417-DSC_2239-2.jpg

20160417-DSC_2222-4.jpg

20160417-DSC_2243-2.jpg

20160417-DSC_2260-2.jpg

20160417-DSC_2387-2.jpg

それでは次回またお会いしましょう〜にゃん(^∇^)ノ
2016-03-27 21:10 | カテゴリ:FREE WILL
第三回 恩田川なんでも写真展

20160321-P3210208.jpg
これは一週間前の弁天橋から上流を撮影
20160321-P3210206.jpg
会期一週間前の弁天橋公園

今年は桜の開花が早いという予報でしたが会期を迎えた初日の3月26日は所々に花を咲かせている
木を見つけることができる程度で会場前の木々はまだ蕾の状態でした。

20160321-P3210249.jpg

そんな中、写真展参加者は7時半頃から会場に見え始め準備を行い9時頃までには大方の
出展者の作品が揃いました。その数、なんと262点の作品でフェンスの上手から下手まで31区画が全て埋まりました。

そして、9時半に恒例の集合写真
20160326-P3260295.jpg
残念ながら今日は風邪や仕事で三人の方が出れませんでしたが次週お待ちしています。

桜の開花は遅れましていましたが天気と人出はまずますで
写真展の各コーナーは写真に見入る人が沢山いました。
20160327-P3270619.jpg

昼過ぎからはこの会場で初となるジャズバンド「町田ジャズーカルテット」の方々を迎えて
青空ライブがさらに会場の雰囲気を盛り上げてくれました。
20160326-P3260369.jpg

20160327-P3270756.jpg

そして、様々なパフォーマンスが繰り広げられ初日とは思えないほどの盛り上がりとなりました。
20160326-P3260385.jpg

20160326-P3260459.jpg

20160326-P3260519.jpg

20160327-P3270789.jpg

20160321-P3210235-2.jpg

この分だと来週は満開が期待され多くの人出で賑わうことが予想されます。



2016-01-23 07:59 | カテゴリ:FREE WILL
アヴィニョン橋(聖ベネゼ橋)では思いがけないハプニングによって旅の思い出の一ページを作ることができました。改めてCarole&Laurent夫妻ありがとうございました。

予定以上にローヌ川散策に時間を費やしてしまったので足早にバスを下車したルール門の所から
城壁の内側(市街地)へ入って行くことにしました。
20150918-P9181394.jpg
Joseph Verunet 通りを抜けて
20150919-P9191385.jpg
アヴィニョンの玄関口であるアヴィニョン国鉄中央駅まで出て位置取りを確かめてみることにしました。
20150918-P9181416.jpg
城壁内側の中央郵便局付近から見たアヴィニョン駅
20150918-P9181464.jpg
時計台広場  観光客で溢れています
20150918-P9181476.jpg

20150918-P9181483.jpg
僧侶の銅像かと思ったら・・・
20150918-P9181488.jpg
小銭を膝下のたるみに置いたら動き出してビックリ!!

20150918-P9181407.jpg
人通りの少ない裏道へ行ってみることにしました
20150918-P9181403.jpg

20150918-P9181451.jpg

そろそろ陽が落ち始めて来ました
20150918-P9181497.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

つづく

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2016-01-01 00:01 | カテゴリ:FREE WILL
2016-4.jpg
2015-12-31 10:01 | カテゴリ:FREE WILL
時間の経つのも忘れてホテルの魅力に囚われてしまいました。

ホテル散策を堪能した後、今度はバスでタクシーで来た道を戻るようにアヴィニョンの中心部に行くことに・・・。

バス停に行く前にホテルのスタッフに近くでお勧めレストランを聞いていたので下見しながた周囲を散策
20150918-P9181248.jpg

20150918-P9181254.jpg

20150918-P9181266.jpg

20150918-P9181269.jpg

時間がどんどん過ぎていきます。
急いでバス停に行き、途中ローヌ川の手前で下車して
20150918-P9181366.jpg
橋の上から下流方向見ると素晴らしい景観が広がっていました
20150918-P9181297-2.jpg

20150918-P9181037-2.jpg

川沿いにはサイクリングロードと遊歩道が整備されていました。
20150918-P9181310-2.jpg

20150918-P9181054-2.jpg

20150918-P9181310-2.jpg
アヴィニョン橋
「アヴィニョンの橋で踊ろうよ、踊ろうよ・・・」という有名な童謡により世界中で知られています。
聖ベネゼ橋はアヴィニョンの歴史において重要な建造物で、ユネスコ世界遺産に登録されているこの橋は12世紀に架けられましたが、何度もローヌ河の洪水に遭い、17世紀を最後に修復が放棄され、渡ることが出来なくなりました。

歴史に思いを馳せながら引き返すと途中川沿いに趣のある家がありご主人と思しき人が目にとまりました。
20150918-P9181349.jpg
ご挨拶して話しかけると気さくに応じてくれました。
間も無く打ち解けてお家にの中に招じ入れていただきました。
20150918-P9181333-2.jpg
川の畔でも一緒に記念撮影
20150918-P9181334-2.jpg
Carole&Laurent夫妻と愛犬
20150918-P9181336.jpg
大変楽しい一時でした。
またいつの日かお訪ねしたいです。

ご覧いただきありがとうございます。

つづく

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2015-12-08 23:54 | カテゴリ:FREE WILL
マルセイユのホテル(ゴールデン・チューリップ・ヴィラ・マルセラ)の近くからバスで地下鉄のある最寄駅、
Ronde point du pradoへ向かいました。バスの中はちょうど通学時間に当たっていたらしく高校生くらいの学生で騒々しかった。地下鉄は15分くらいで Saint-Charesセントラルに着きました。(長距離電車が発着しているマルセイユ・サン・シャル駅に繋がっています)

予定ではマルセイユからアルルへ行き、その後でアヴィニョンへ向かう予定でしたが、ちょっと慌しいので今回は
アルルをパスしてマルセイユからヴィニョンへ直接向かうことにしました。
ツアーではないのでフレキシブルに変更自由です。

そうと決めたら、事前の下調べは役に立たなくなってしまったのでマルセイユ駅では直ぐにインフォメーションデスクで電車のダイヤを確認をしました。
10:18(マルセイユ)→11:51(アビニョン)この時刻がゆとりをもって行けるのでこれに決めました。
一度だけでは不安なのでもう一度並んで再確認。カウンターのお兄さんが笑っていました。

20150918-P9181085.jpg
ほぼ予定通りアビニョン駅に着きました
20150918-P9181120.jpg

20150918-P9181125.jpg

20150918-P9181132.jpg
アヴィニョンの駅舎です
20150918-P9181416.jpg

プロヴァンスの中心アヴィニョン(Avignon)は、フランスの南東部に位置する都市(コミューン)で、ヴォクリューズ県の県庁所在地である。

中世に教皇庁が置かれたアヴィニョンには、数多くの史跡が残されています。まさにプロヴァンスの中心に相応しい街です。アヴィニョンは全長4.3Kmの城壁に囲まれていてアヴィニョン・サントル駅を出て城門が、街のメインストートの入り口になっています。
20150918-P9181145.jpg

20150918-P9181151.jpg

ホテルまで徒歩で行けると思って外壁に沿って歩き始めましたが不安になり途中で作業員風の若者に
道を尋ねると歩いては一時間以上掛かるとのことだったので駅まで戻ってタクシーで行くことにしました。

タクシーは城壁の外側沿いの道を走りやがて川を渡り15分くらい走ったところで静かな田舎町という雰囲気のする
一角で止まりました。運転手さんからここがお目当のホテルですよ!と言われ一瞬驚きました。
20150918-P9181243.jpg
これまで、泊まってきたホテルとはまるで違う門構え、
20150918-P9181234.jpg
大丈夫かな〜!と不安な気持ちになりました。
20150918-P9181238.jpg
玄関を入るそのアットホームな雰囲気に先程までの不安は直ぐに消えました。応対してくれたオーナー風の男性も気持ち良く応対してくっれました。

エレベーターはないようで荷物を持ってくれて部屋まで案内してくれました。
20150918-P9181195.jpg
階段を上って3階まで・・・
20150918-P9181202.jpg
ところどころに自作のような絵が飾られていてホテルのオーナーの趣向が伝わってくるようでした
20150918-P9181204.jpg

20150918-P9181586.jpg

20150918-P9181203.jpg
部屋は3階32号室です
20150918-P9181164.jpg

ドアを開けると部屋の中はこんな感じでした
20150918-P9180839.jpg
エスニックで少しメルヘンチックな・・・
20150918-P9180844.jpg
おじさんには似合わないて?
20150918-P9180852.jpg

20150918-P9181181.jpg
部屋の窓から見えた向かい側の屋根

余りにホテルの雰囲気が素晴らしいので街を散策するつもりがまずはホテル内散策をすることにしました
20150918-P9181206.jpg
部屋を出た三階の螺旋階段から下を見下ろしました、綺麗な吹き抜けになっていました
20150918-P9181217.jpg
二階の踊り場にです、クラッシックな壁掛け大時計です

20150918-P9180885.jpg
一階のリビング、誰でもくつろげます
20150918-P9180893.jpg
中庭に続く廊下
20150918-P9180932-1.jpg
中庭
20150918-P9180899.jpg

20150918-P9180910.jpg
中庭には葡萄がちょうど食べごろ
20150918-P9181220.jpg
一房頂きました
20150918-P9181226.jpg
ホテルの従業員さんと
この辺りのレストランや散策情報を教えて頂きました。

中庭の奥にワイン貯蔵庫のような建物を挟んでその奥に裏庭がありました。
ワイン貯蔵庫の建物へ上がテラスのような造りになっていて日焼け用の長いすが
いくつも置いてありました。
20150918-P9180971.jpg

ホテル散策を堪能した後、バスでアヴィニョン城郭に行ってみることにしました。

つづく

ご覧いただきありがとうございます。

つづく

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2015-11-15 06:59 | カテゴリ:FREE WILL
早朝のカンヌを散策した後、 TGVでマルセイユに向かいました。
カンヌ初11:25→マルセイユ着13:29 約2時間の列車の旅です。
20150917-P9170736.jpg
もう直ぐ11:25分になります。間もなくマルセイユ行きのTGVが入ってきます
20150917-P9170801.jpg
ホームのテレビモニターで確認 TGV9750に間違いありません。

ホームに入ってくるTGVを撮影しようと思ってカメラを構えていると駅員に撮影するなと
注意されてしまいました。
20150917-image1.jpg
こちらがTGVグリーン車の車内です。
20150917-P9170808.jpg
マルセイユに着きました、これが乗ってきたTGVです。
20150917-P9170806.jpg

20150917-P9170836.jpg

20150917-P9170842.jpg
マルセイユ駅外観

マルセイユ (Marseille) は、フランス最大の港湾都市で、コート・ダジュール地域圏の首府、ローヌ県の県庁所在地である。

2005年の人口は約82万人でパリに次ぎフランス第二位、都市圏人口ではパリとリヨンに次ぎ第三位の規模を誇る。都市名は古代ギリシア語のマッサリア およびそのラテン語訳であるマッシリア に由来する。

マルセイユ駅からホテルまではタクシーで向かいました。
30分近くかかりました。
ホテルはゴールデン・チューリップ・ヴィラ・マルセラです。
ホテルの写真を撮っておくのを忘れてしまいました。

15:00 チェッックインして部屋でビールで喉を潤し、一息入れる間も惜しんでフロントでタクシーを呼んでもらい
最初の目的地、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂へ向かいました。
20150917-P9170858.jpg
タクシーの運転手さんに教会の手前で一旦止めてもらい遠景を撮影しました。
20150917-P9170883.jpg
タクシーはここまで、ここらは徒歩です。バスの出ているというのでタクシーはここまでとしました。
20150917-P9170898.jpg
記念撮影を一枚
20150917-P9170871.jpg

20150918-P9180612.jpg
丘の上に建つローマ・ビザンチン様式の聖堂は、マルセイユのシンボル。鐘楼の上の黄金のマリア像が航海に出る船乗りたちを見守ってきた。18世紀中頃に建築家エスペランデューによって建てられたもので、テラスからは360度の大パノラマが楽しめる。
20150918-P9180989.jpg

20150918-P9180967.jpg

20150918-P9180758.jpg

20150918-P9180932.jpg

マルセイユは紀元前600年にギリシアのフォカイア人が築いた植民都市「マッシリア」にはじまるフランス最古の都市。天然の良港に恵まれるマルセイユは貿易の中心地として発展し、現在も商都として繁栄する地中海の陽の光のまばゆい街です。

現在のマルセイユには、26 世紀にわたる町の歴史を物語る貴重な遺産があり、例えば、マルセイユの人々が町の守護聖人とみなしている聖母マリアに捧げられた
ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド・バジリカ聖堂

それでは、教会の中へ入ってみます
20150918-P9180937.jpg

20150918-P9180669.jpg

20150918-P9180676.jpg
私もローソクを一本手向けました
20150918-P9180677.jpg

20150918-P9180685.jpg

20150918-P9180950.jpg

20150918-P9180957.jpg

20150918-P9180961.jpg

20150918-P9180955.jpg
一箇所に時間を掛け過ぎてしまった。
バス乗り場で次のバスが来るまで少し待ったが間もなくそれらしきバスが駐車エリアに入って来た。
旧港方面、マルセイユ・サン・シャルル駅に向かいました。15分〜20分くらいだったかな。
20150918-P9181021.jpg
旧港の拡張された歩行者ゾーンに2013年に造られたフォスター設計の巨大な鏡

既に夜7時くらいだったと思う。間もなく陽が傾いてきたので旧港の周辺を足早に散策しながら夕景撮影ポイントを
探しました。観光船でイフ島へ行きたいと思っていましたが観光船は夜7時が最終便だったのでそれに乗ってしまうと
港の夕景が撮れなくなってしまうので諦めました。イフ島(かつては牢獄だったところ)
20150918-P9180821.jpg
ベルジュ埠頭のほぼ真ん中あたりから撮影しました
20150918-P9180827.jpg

さて、八時も過ぎて腹が空いてきた。
ホテルのフロントでレストラン情報を仕入れていたのでレストランが軒を連ねているアルナス地区に
行きました。

レストランを出た時には10時を過ぎていました。
旧港に戻りタクシーを探しましたがなかなか掴まりませんでした。
30分くらい辺りを歩き回ってやっと一台のタクシーを見つけてホテルに戻ることができました。
不慣れな土地でそれも夜道をタクシーに一人は何となく不安でした。

ご覧いただきありがとうございます。

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II




2015-11-14 10:44 | カテゴリ:FREE WILL
昨晩は疲れていたのか何時に寝たのか良く記憶していません。
カンヌのプチホテルの中では高級の部類のこのホテル。ホテルライフらしきことは一切なし。
教訓1:長期滞在しないなら安ホテルの方が良い。

昨日は夕方からディナータイムを旧市街地のサンアントン通りで過ごしました。
今朝は朝日を浴びるカンヌをイメージして朝食も取らずに外出しました。

旧港まで降りて行き山側を見上げるとイメージ通り朝日が眩しく丘を照らしていました。
20150917-P9170432-2.jpg
カンヌの街を見下ろすシュバリエ山  山頂の広場にはカストル博物館  
20150917-P9170430-2.jpg

20150917-P9170434-2.jpg

20150917-P9170462.jpg

20150917-P9170480.jpg

ホテルに戻るには昨晩訪れたRue St Antoineを行くのが早いのと昨晩の華やかな雰囲気がどんな風に
変わっているか興味深かったのであの道を戻ることにしました。
20150917-P9170498.jpg

20150917-P9170502-2.jpg

20150917-P9170502.jpg
清掃風景はどこの街でもお馴染みの朝のイメージです

20150917-P9170564.jpg

20150917-P9170530.jpg

20150917-P9170538.jpg
このレストランを訪れた世界の有名人の写真

20150917-P9170693.jpg

20150917-P9170697.jpg
この通りは記憶に残しておきたいので記念撮影

ご覧いただきありがとうございます。

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2015-11-13 20:00 | カテゴリ:FREE WILL
ニースでは海岸通り沿いのカフェでランチをとったくらいでこれと言ったハプニングもなく
カンヌに向かいました。
予め調べておいた時刻通り(ニース駅16:08→カンヌ16:48)の電車に乗ることができました。
(ニース、カンヌ間は普通電車で40分程度)それでも、ニース駅では電車の進行方向や乗車した電車が本当にカンヌに停車するかなど不安もありましたが、運良く居合わせた若者に話しかけると同じ沿線の駅で下車するとのことで一緒の車両に乗りました。電車は混み合っていたので乗車口のデッキのようなところでその若者(フランク?だったかな?)と
立ち話をしながら下車駅を確認できたので良かったです。


カンヌに到着です。
20150917-20150917-P9170481.jpg
普通電車はこんな風に落書きだらけ
20150917-20150917-P9170485.jpg
到着時間も予定時間を少し過ぎていますがフランス時間ですから良しとしましょう。
20150917-P9170496.jpg

カンヌ駅はガイドブック通り工事中でした。
20151115-PB150007.jpg
駅でホテルの場所を聞くと徒歩で五分位とのことでしたので言われた方向に徒歩で向かいました。
言われた通りちょっとした坂道をトロトロと登ると開けた通りに出ました。
20150917-P9170509.jpg
カンヌは良く晴れていました。
20150917-P9170517.jpg
交差点を渡ると警察署があり、そこを曲がるとホテルがあるEdith CAVELL ストリート(小さな路地です)。
20150917-P9170521.jpg
ここが南仏旅行最初のホテル。ホテル ルノワール(Renoir).ここは当時も多くの画家たちが住みついた街です。

チェックインを済まし、荷物を部屋において休む間も無くカンヌ散策に出かけました。
20150917-P9170549.jpg

20150917-P9170308.jpg
クロワゼット大通り  

20150917-P9170540.jpg
Rue St-Antoine の入り口
20150917-P9170332.jpg
旧市街 路地に小粋なレストランが軒を連ねる
20150917-P9170338.jpg
カンヌ祭の頃には世界の美男美女たちも訪れるという
20150917-P9170344.jpg

20150917-P9170404.jpg

20150917-P9170406.jpg

20150917-P9170602.jpg

20150917-P9170361.jpg

20150917-P9170389.jpg

20150917-P9170367.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II








2015-10-17 21:02 | カテゴリ:FREE WILL
南仏旅行の初日、慌ただしくもあり又仕事からの開放感と今後の仕事の展開を気遣いながら
複雑な気分でしたが旅行中は仕事のことは全て忘れて楽しむことにしました。
20151115-PB150001.jpg
南仏の地図です。右下がこれから向かうニース
そこから地中海を左手に見ながらカンヌ→マルセイユ→プロバンス地方へ

ニース空港に到着して市内に行くためにバス乗り場を探した。
そう遠くないところにバス乗り場を見つけた。十数回のフランストリップで初めて訪れたパリ以外の地。
勝手が違うのは当然だがいろいろ戸惑うことが多そです。
バス停で15分くらい待つとニース市街行きのバスがやってきた。
運転手脇についている自動販売機見みたいな機械で乗車券を買って更にそれを機械に差し込んで読み込ませる。
これでOK。
20150916-P9160201.jpg
これがニース駅、以外とこじんまりした駅舎です。
20151115-PB150004.jpg
真ん中辺りがニース駅になります

20150916-P9160229.jpg
駅の観光案内所で地図をいただき海岸方向に向かいました
20150916-P9160241.jpg
🌟
20150916-P9160250.jpg
ニースでの滞在はわずか五六時間、今回は街の雰囲気を掴めば良いと思っていんたので
手っ取り早くオープントップバスで市内巡りをすることにしました
20150916-P9160270.jpg 🌟
20150916-P9160116.jpg 🌟
20150916-P9160053.jpg 🌟
20150916-P9160086.jpg 🌟
20150916-P9160347.jpg 🌟
20150916-P9160292.jpg 🌟
20150916-P9160157.jpg 🌟
20150916-P9160469-2.jpg
取り敢えず記念撮影

ご覧いただきありがとうございます。

南仏旅行中には以下のOLYMPUSシステム を使い分けました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO+ OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2015-10-05 05:49 | カテゴリ:FREE WILL
数年ぶりのフランス出張になってしまいました。
基本的に出張は好きではないので他の者に順番で行ってもらっていましたが
重大な案件が持ち上がって私が行く羽目になりました。

最初にフランスに行ったのはいつだったのか調べてみたくなったので
机の奥にしまい込んであったパスポートを取り出して見てみたら1977年10月でした。
38年前になります。古いパスポートを捲りながらノスタルジーに一時思いを巡らせました。

あれから何度行ったかは分かりませんが3年に一回だとしても10回以上は行ったことになります。
しかし、一度も観光旅行をしたことがありませんでした。

今回のフランス出張では重要案件が上手く運んだら、一度は行ってみたいと思っていた南仏旅行を
密かに計画に入れていました。上手くいかなかったら取りやめ、南仏までのフライトや
ホテル代金は前払いしてあったので捨てる覚悟でした。

自然とパリでの仕事には熱が入っていつも以上のパワーで商談が出来たのではないかと思っています。

その結果かは分かりませんが何とか先が見えるところまで商談を持ち込むことが
出来たので予定通り南仏旅行を決行しました。

今回パリのホテルはサン・ラザール駅にほど近いストックホルム通りにあるWilson-Operaを使いました。
パリにありがちなプチホテルでちょっと高めでしたが小綺麗なホテルでした。
20150914-P9140084.jpg
🌟
20150914-P9140054.jpg
サン・ラザール駅  ガラスのドームはよく乗り降りした地下鉄への出入り口入
20150914-P9140019.jpg
🌟
20150914-P9140022.jpg
ホテル ウイルソン・オペラ
20150914-P9140020.jpg

9月16日早朝4時40分にホテルをチェックアウトして事前に手配してあったタクシーでエトワールの空港行きバス乗り場まで行ってもらいました。タックシー代は予約にしては10ユーロと安かった。
初めて利用するバス乗り場でしたので少し不安でしたがタクシーが着くとバスは
既に待機していました。乗り込むと先客は一人か二人でした。

最初の目的地はニースです。
ニースへは国内線が発着しているオルリー空港からです。

フライトは8:35
2時間前にはチェックインしなければなりませんでしたが、6時には着いたので余裕でした。

そして、ニースへ

間もなくニースです。飛行機は徐々に高度を下げて着陸態勢に
20150916-P9160165.jpg
🌟
20150916-P9160175.jpg
眼下はまだニースではありません。高度を下げて知らない街を通過中です。
20150916-P9160182.jpg
2015年9月16日 9:55 定刻通り ニース空港に到着しました
20150916-P9160186.jpg
生憎、少し雲が多い様です

ここからが今回の南仏写真旅行のスタートです

つづく

ご覧いただきありがとうございます。

時間があるときにコツコツアップしていきますので気長にお付き合いいただければ
南仏の見どころを私なりに紹介させて頂きたいと思っています。

パリでの使用機材:
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II+ OM-D E-M5 Mark II
2015-09-09 22:08 | カテゴリ:元気な人
高円寺阿波踊りに行ってきました。
週末からシルバーウィークまで海外出張になりますのでいろいろ準備があって
手抜きになりますが好きな写真を二枚だけ掲載します。
20150829-P8290543-4.jpg
せシオン杉並 舞台公演の一幕

2.呼応!一体感 (1 - 1)-2
終盤間近いクライマックス 観衆の声援に応えて太鼓を打つ踊り子さん
2015-07-21 16:18 | カテゴリ:FREE WILL
4時に大磯駐車場に到着、まだ日の出前で辺りは暗く人影もありません。
広い駐車場にも拘らず僅か数台の車しかありませんでした。

そして数分後、東の空が赤く染まってきて見る見るうちにそれが広がってきました。
慌てて車のトランクから広角レンズ装着のカメラを取り出しアオバト撮影の準備は後回しにして
朝焼け撮影に没頭しました。

4:13
20150719-P7190221-2.jpg

4:22
20150719-P7190224-2.jpg

4:38
20150719-P7190257-2.jpg

4:40
20150719-P7190272-2.jpg

4:42
20150719-P7190323-2.jpg

4:43
20150719-P7190362-2.jpg

4:43
20150719-P7190367-2.jpg

4:43
20150719-P7190376-2.jpg

4:43
20150719-P7190410-2.jpg

4:48
20150719-P7190450-2.jpg

4:48
20150719-P7190451-2.jpg

4:48
20150719-P7190456-2.jpg

4:55
20150719-P7190479-2.jpg

4:55
20150719-P7190484-2.jpg

4:55
20150719-P7190492-2.jpg

4:55
20150719-P7190493-2.jpg

4:55
20150719-P7190513-2.jpg

この様に綺麗な朝焼けを見たのは恐らく始めてです。
ここ大磯は色々なことに遭遇させてくれるお気に入りの場所になりつつあります。

カワセミの夫婦日記に戻るReal Stories アオバト



2015-06-26 21:30 | カテゴリ:FREE WILL
Red Bull Air Race Chiba 2015 観戦記 あとがき 
2015年5月17日

Red Bull Air Race Chiba 2015のレーストラックを再確認
Race Track img_2_m千葉大会は海岸線に沿って一直線に設けられ、通常の2周では無く、途中からスタートし、両端で折り返してゴールするレーストラックになっています。ほぼ直線コースであり、スピードが速い機体が有利である点と、向きが瞬時に変わる強い海風の中でリズムを失わずにテンポよくエアゲートをパスする事、そして2回の折り返しをいかに効率よく攻略できるかがポイントとなります。
20150517-DSC_5187.jpg
レーストラック上にエアゲートとしてそびえ立つ高さ25mのパイロンは、2本が並ぶポイントでは地上10m地点で15mの間隔で並べられている。これらはRed Bull Air Race専用に開発されもので、このグローバルなモータースポーツを広く知らしめるアイコンとなっている。
20150517-パイロン-2
ゲート前に展示されていた実物を帰り際にスマホ撮影
20150517-DSC_5514.jpg

20150517-DSC_5515.jpg

PAYLON HITの瞬間
20150626-PYLON HIT00196_news
2/5で説明したように+2秒のペナルティ

そしてRACEの目玉は何といっても機体とパイロットである。
EDGE540 V3_muroya__0006s
室屋義秀選手が、レッドブル・エアレース千葉2015に向けて投入した新機体「EDGE 540 V3」

これまでEDGE 540 V2でレッドブル・エアレースに参戦してきた室屋選手は「EDGE 540 V2で勝つのは非常に難しかったけれど、ストレートで30キロほどスピードが速いEDGE 540 V3の導入を前から検討していました。千葉大会のレーストラックはストレートが長いので、ターンのあとの加速で新機体にはだいぶ有利になると思います。しかも新型機は機体を塗装ではなくフィルムでコーティングするなど可能な限り軽量化を図ると同時に、空力性能を最大限高めるためにキャノピー(風防)の形状を極限まで絞り込み、それに収まる様にヘルメットも一回り薄いものを用意しました。100%の力を出せれば結果もついてくると思いますので、チームと新機体のパフォーマンスを最大限に引き出せるよう、引き続きチームと機体作りに集中したいです」とコメントしています。

エッジ 540 スペック

全長  6.3メートル
全幅  7.44メートル
ロールレート  420°/秒
最高速度  時速425.97キロメートル
最大G  +-10G
上昇率  3,700 フィート/分
主翼  カーボンファイバー製対称翼
エンジン  ライカミング サンダーボルト AEIO-540-EXP()
プロペラ  ハーツェル製 7690 複合材3枚プロペラ

以上、あとがきまとめでした。





2015-06-26 06:00 | カテゴリ:FREE WILL

15:00 ラウンドオブ8 / 15:30 ファイナル4

20150517-DSC_4738.jpg
テレビクルーも朝からずっとこの防波堤でスタンバイ
20150517-DSC_5535.jpg
🌟
20150517-DSC_5621.jpg
🌟
20150517-DSC_5622.jpg
🌟
20150517-DSC_5199.jpg
🌟
20150517-DSC_5636.jpg
🌟
20150517-DSC_5071.jpg
🌟
20150517-DSC_5256.jpg
🌟
20150517-DSC_5260.jpg
🌟
20150517-DSC_5261.jpg
🌟
20150517-DSC_5607.jpg
🌟
20150517-DSC_4699.jpg
🌟
20150517-DSC_5287.jpg
🌟
20150517-P5170082.jpg

アジア人初の日本人パイロット室屋選手はラウンドオブ14では2位という予想以上の
タイムで通過しましたがラウンドオブ8で!0Gオーバーのミスを犯し失格となってしまいました。
しかし、次のステージではこの経験を生かしてやってくれることを期待しています。

つづく
2015-06-24 07:40 | カテゴリ:FREE WILL
マスタークラス ラウンドオブ14

13:00
いよいよマスタークラスが始まります。

20150517-DSC_4010.jpg
一番前列にも拘らず椅子を使っていた右側の帽子のにいちゃん、頭一つ飛び出ていて、
スタートから追いかけてくると必ずこのにいちゃんに遮られて終始イライラさせられた。
20150517-DSC_4020.jpg
🌟
20150517-DSC_4281.jpg
🌟
20150517-DSC_4152.jpg
🌟
20150517-DSC_4162.jpg
🌟
20150517-DSC_4463.jpg
🌟
20150517-DSC_4405.jpg
🌟浜に三台ほと設置されていた大型スクリーン
20150517-DSC_4478.jpg
🌟
20150517-DSC_4201.jpg
🌟14時頃になると観衆は浜を埋め尽くす程になっていた
20150517-DSC_4198.jpg
🌟その観衆を記録におさえめるレッドブル側のプレスヘリ
20150517-DSC_4281.jpg
🌟
20150517-DSC_4645.jpg
🌟
20150517-DSC_4699.jpg
🌟
20150517-DSC_4714.jpg
マスタークラスはスピードテクニック共に流石でした。

つづく
2015-06-24 07:04 | カテゴリ:FREE WILL
13:00から始まるマスタークラスの前にRed Bull Air Race のルールを紹介しておきたい。
レッドブル・エアレースは高さ25mのパイロンで構成された空中コースを低空飛行する競技です。
大会は二日間で行われる。1日目に予選が行われて戦う相手が決まり、2日目が本戦となり、ランド・オブ14。
ラウンド・オブ8と行われ、残った4名が決勝のファイナル4で戦い、最終順位を決定する。
レースではペナルティもしくは失格になる場合もあり、速さだけでなくミスのないフライトが要求される。
20150517-DSC_3619-2.jpg
ペナルティ例:FLYNG TOO HIGH エアーゲート通過高度が規定よりも高かった場合 +2秒
20150517-DSC_3770.jpg

20150517-DSC_3792-2.jpg
海にはクルーザーが犇めき合っていた
20150517-DSC_3891.jpg
スモークが出ていなかった場合 +1秒
20150517-DSC_3937.jpg

20150517-DSC_3848.jpg

20150517-DSC_3814.jpg

20150517-DSC_3808-2.jpg

20150517-DSC_3809-2.jpg
パイロンをこのようにちょん切ってしまった場合  +2秒
20150517-DSC_3959.jpg
そうするとこのように修復艇の出動となる
20150517-DSC_3965.jpg

つづく
2015-06-23 23:20 | カテゴリ:FREE WILL
Red Bull Air Race Chiba 2015 観戦記
2015年5月17日

2015年5月16日 - 5月17日の2日間にわたって、千葉市の幕張海浜公園で「Red Bull Air Race Chiba 2015(レッドブル・エアレース千葉2015)」が開催されました。 日本初のビッグ イベントでしたが、エアレース史上最大となる2日間で延べ12万人が幕張海浜公園の砂浜を埋め尽くしました。

アジア初のエアレースパイロット・室屋義秀選手も参戦するエア レース・ワールドチャンピオンシップ2015
yoshi_muroya_rovinj_t3_15.jpg

土曜日は生憎の天気となってしまいましたが私は幸運にも快晴の日曜日のチケットでした。
開場は10時でしたが2時間前の8時には入っていた方がいいという情報を頂いていたので
それに合わせ家を出ましたが渋滞にはまってしまって列に並べたのは9時になってしまいました。
20150517-P5170017.jpg

10時に開場してゲートを入るも一番前列は既に二日通しのチケット人優先で埋まっていました。

20150517-P5170037.jpg

20150517-P5170040.jpg

20150517-P5170045.jpg

20150517-P5170047.jpg

20150517-P5170078.jpg

20150517-P5170082.jpg

5/17(日)決勝]12:00 チャレンジャーカップ / 13:00 マスタークラス ラウンドオブ14 / 15:00 ラウンドオブ8 / 15:30 ファイナル4

12:00 いよいよレース開始
最初はチャレンジャーカップ
20150517-DSC_3619-2.jpg

20150517-DSC_3526-2.jpg

20150517-DSC_3296-2.jpg

20150517-DSC_3585-2.jpg

20150517-DSC_3662-2.jpg

つづく



2015-05-29 12:18 | カテゴリ:FREE WILL
第二回 恩田川なんでも写真展 第二幕 
ここから二日目以降の記事になります。

二日目(3月29日)
20150404-P4040690-2.jpg

20150404-P4040687-2.jpg
昨日の朝は三分咲き程度でしたたが今日は六分咲き程度までになってきました。
20150404-P4040698-2.jpg
二日目は午前中からたくさんの人が来てくれました。

20150404-P4040630-1.jpg
二日目の集合写真です。

20150404-P4040703-2.jpg

三日目(4月4日(土))
20150404-P4040818.jpg

20150404-P4040780-3.jpg
桜の水鏡
20150404-P4040735-2.jpg
ご婦人を中心に解説に忙しそうでした~!!

20150404-P4040740-2.jpg

20150329-P3290570-2.jpg
応援のメッセージボードにも多数書いて頂きました。

20150329-P3290560-2.jpg
お隣さんとお向かいさんも応援に来てくれました。

20150329-P3290577-2.jpg

20150404-P4040730-2.jpg
連日、たくさんの人を集めていた人気ブースのおねえさん?
フリマーとか好きで良く行くらしく、そんなアイディアを取り入れた展示が粋でした~

20150329-P3290592-2.jpg

20150328-P3280100-2.jpg
このお二人どこかでお会いしたような?誰かに似てますな~

20150329-P3290529-1.jpg
三日目(5月4日)の集合写真

集合写真の後、各展示フェンスを巡って記念撮影しました。
この日1番、2番が空きでしたので3番から
P3290605-2.jpg

20150329-P3290606.jpg

20150329-P3290607.jpg

20150328-P3280004.jpg

20150329-P3290608.jpg

20150328-P3280369.jpg
かわいいでしょ~ねねね!
20150329-P3290609.jpg

20150329-P3290610.jpg

20150404-P4040886.jpg
俺の絵ネタになんだかんだ言いやがって~ニヒ!!

20150329-P3290611.jpg

20150329-P3290612-2.jpg

20150329-P3290613.jpg

20150329-P3290614.jpg

20150329-P3290615.jpg

20150404-P4040895.jpg

20150329-P3290616.jpg

20150329-P3290617.jpg

20150328-P3280282.jpg
私も仲間入りしました~ワン!

20150329-P3290618.jpg

20150329-P3290619.jpg

20150329-P3290620.jpg

20150329-P3290587.jpg

20150329-P3290621.jpg

20150329-P3290622.jpg

20150329-P3290623.jpg

20150329-P3290624.jpg

20150404-P4040837.jpg

□16時過ぎ  打ち上げ
20150404-P4040911-2.jpg

20150404-P4040910-2.jpg
成瀬商友会の方々と合同打ち上げ

そして、日も落ちてお開きに・・・
20150404-P4040932-2.jpg

20150404-P4040927-2.jpg
夕暮れの街灯に照らされる桜を愛でながら、ほろ酔い加減で家に帰りました・・・

今回は全部で230点程以上の作品が並びました。
これも一重に恩田川カワセミ仲間のお陰です。
・自作のポスターを作ったり
・ブース番号を用意したり
・説明委員の札を用意して交代で説明委員を配置したり
・極めつけは会期後、掲示ポスターや番号札などの後始末も積極的にやって頂きました。


*掲載写真の中には日にちが実際と違う場合があるかも知れませんがご容赦下さい。


それでは、来年もいい作品をたくさん展示しましょう。
2015-05-28 07:55 | カテゴリ:FREE WILL
暫く公私ともに忙しい日が続いていましたが5月に入り漸く落ち着いて来たので
カワセミ仲間の一大イベント「恩田川なんでも写真展」の様子を少しずつ整理していましたがやっと
出来上がりました。時間が経つと忘れがちになって返って時間んが掛かりました。

「第二回 恩田川なんでも写真展」
開催日:3月28日、29日、4月4日、5日の4日間。
この時期は毎年天候不順で四日間とも天気に恵まれることは少なく今年も最終日は雨で中止になって
しまいました。

一週間前になり桜の咲き具合が気になって上流から下流までチャリを走らせましたが
まだ一分咲きにも満たない木ばかりで一週間後が心配でした。

20150322-P3220131-2.jpg
この金網のフェンス60メートルに写真が展示されます。
20150322-P3220136-2.jpg

20150322-P3220157-2.jpg
こちらはピンクの川津桜
20150322-P3220158-2.jpg
今回は自作のポスターを上流は大谷一号橋から下流の都橋まで約2キロの区間の12箇所に掲示しました。
その殆どをふなたんが自転車を走らせて取り付けてくれました。サンキューです。

20150526-P5260007.jpg
市の観光課に頼んで「なんでも写真展」が桜祭りの広報(チラシ)に掲載されました~!!
会期三日前、何とか間に合いました。
20150526-P5260007-2.jpg
小さいのでクローズアップしてみました。

今回の写真展の作品は恩田川のカワセミに限らず、恩田川をMFとするカメラマンによる作品ならなんでもOKという趣旨で行いましたのでダイヤモンド富士などの風景写真や町田時代祭りなど野鳥に加え様々な写真が展示されました。

当日(3/28)の朝はまだこの通り三分咲き位でした。
20150328-P3280472-2.jpg

20150328-P3280032-2.jpg
成瀬商友会の役員さんも早朝から展示の準備です。
20150328-P3280041-2.jpg

20150328-P3280045-2.jpg
朝八時前、まだフェンスには空きが目立ちました。

20150328-P3280029-2.jpg
少し遅くなってしまいました~ ! と言いながら急いで展示準備するエロちゃん。

だんだん展示準備もできてきました。それに連れて人出もボチボチ・・・

20150328-P3280431-2.jpg

20150328-P3280365-2.jpg

20150328-P3280064-2.jpg

9時を少し回ったところで最初の集合写真
20150328-P3280048-1.jpg

20150328-P3280374-2.jpg
突然!オナガの鳴き声がしたかと思ったら即座にカメラを構えるカメラマン根性。
20150328-P3280380-2.jpg
フェンス上に貼り付けたブース番号札も大変効果的でした。KS&M姫さんありがとうございました。

20150328-P3280392-2.jpg
公園内にも人が集まりだし、特設ステージでは恒例のお囃子に民謡が桜祭りのムードを盛り上げていました。
20150328-P3280435-2.jpg

20150404-P4040675-2.jpg
僕も写真展マスコットとして一役買いました~

つづく

2015-05-24 22:17 | カテゴリ:FREE WILL
ご近所の枝垂れ桜 昼と夜 2915年3月27日
20150327-20150327-DSC_3901.jpg

20150327-20150327-DSC_3906.jpg

20150328-20150328-DSC_3947.jpg


20150328-20150328-DSC_3948.jpg
2015-03-22 22:05 | カテゴリ:FREE WILL
カワセミ撮影を午前中で切り上げ天気がイマイチで心配でしたが
思い立ったら行かないと気が済まないので一先ずポイントを確認するだけでも
と思いながら秋谷を目指しました。
日没時間は17時45分、三時過ぎには着いてしまいまだかなり時間がある。
途中雨も降り出し諦め加減で時間を潰していましたが日没30分ほど前になって
急に西の空に漂っていた雲の合間に青空が覗くようになってきました。
期待できるかもしれないと思い急いで三脚を持って撮影ポイントに据え付けた。
20150314-P3140110-2.jpg
富士山は雲に隠れてしまったのでダイヤモンド富士とはいきませんでしたが、日没の夕景を見ることができただけでも
ラッキーでした。
2015-01-18 16:59 | カテゴリ:FREE WILL
今年は初物づくしでスタートを切っています。
横浜消防署出初め式を初めて観覧に行きました。大桟橋に陣取ったので
他のセレモニーを見ることはできませんでしたが12:12分に開始した
一斉放水は大きく弧を描いた虹も見事に架かり迫力がありました。
20150111-DSC_3404-2.jpg


20150111-P1110415-2.jpg


20150111-P1110427-2.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
次回も宜しくお願い致します。
2015-01-18 16:56 | カテゴリ:FREE WILL
初めてダイヤモンド富士に挑戦しました。
20150103-P1031055-2.jpg

20150103-P1031119-2.jpg
山頂に日が昇る前までは池も凍りついていなかったので水面とのダブルダイヤモンドというところでしたが
マイナス9度という寒さのために水面の薄氷に阻まれしまいました。
それでも初のダイヤモンド富士に満足しました。

ご覧いただきありがとうございました。
次回も宜しくお願い致します。
2015-01-12 19:09 | カテゴリ:FREE WILL
正月の二日、寒さを堪えて大磯海岸へ日の出撮影に行きました。
高速を降りると道の両脇は白く雪が積もっていました。
元日の昼ごろ町田も雪が降ってきましたが積もる程ににはならなかったので
同じ程度ぐらいに思って特別注意をしていませんでしたが
タイミング良く暮れにスタッドレスタイヤに変えていたので問題なく走ることができました。

今回で5日目となる大磯海岸、駐車場の様子、トイレの場所、砂浜に続く道順など、
全てに慣れてきていました。
6時45分位に日の出、到着は6時15分だったが慌てることもなくいつもの
浜に向かいました。浜に出るといつも全く違う光景が目に飛び込んできました。
そこは初めて見る幻想的な世界。
毛嵐(けあらし)が起きていました。
20150102-DSC_2528-2.jpg

20150102-P1020946.jpg

20150102-P1020947.jpg

20150102-P1020952-4.jpg

20150102-P1021009-3.jpg

20150102-P1021024.jpg
2015-01-01 00:01 | カテゴリ:FREE WILL
年賀2015ー2
2014-12-14 13:22 | カテゴリ:FREE WILL
12月13日(土)第三回恩田川カワセミ愛好家の忘年会
が下記の通り行われました。

時間:12月13日(土) 17:00~19:30
参加費:6,500円

会場:月亭 町田店  042 724 5661 
料理:しゃぶしゃぶコース 
今年の参加者は23名(申し込みは26名、急用などで3名の方が参加できませんでした。
一回目が18名、昨年が22名、回を重ねるたびに増えています。

16:50. 集合写真
20141111-DSC_0655.jpg

詳しくは「カワセミの夫婦日記」ご覧ください。

2014-11-11 06:25 | カテゴリ:FREE WILL
さよならAXELA !! 2014年11月01日

2011年11月5日に納車されてからから三年お世話になったAXELA。
コンパクトな車体に軽快な走りは、それまでランクルに21年間乗って来た私にとっては
車の走る楽しさを再認識させてくれた。
にも拘らず、考えてみれば長距離は一度も行ったことがなかった。
実家のある金谷までが最高だった。もう少し、走れば良かった。
20140916-DSC_0579-1.jpg

20140916-DSC_0583-1.jpg

20140916-DSC_0586-1.jpg

手放すのは欲しい車であった。
ありがとうアクセラ!!
2014-10-28 07:17 | カテゴリ:FREE WILL
2014-09-23 18:11 | カテゴリ:FREE WILL
9月もお彼岸ともなれば秋の気配が漂う。
image.jpeg
青い空に絹層雲は良く映える。
2014-08-16 23:38 | カテゴリ:FREE WILL
義母の初盆とお盆のため帰省した田舎が「トーマス」により予想以上の盛り上がりでした。

トーマスは、英国で作られた子供向けアニメの主人公の機関車。
そのトーマスが我が田舎に7月から10月までやってくることになりました。
大井川鉄道が利用者の減少により経営難に陥り起死回生の企画でSL「きかんしゃトーマス号」を走らせることになった。

一日一回新金谷と千頭を一往復する。
その時間になると一目見ようと言う人たちがカメラやスマホを構えて沿線に集まりあちらこちらにたくさんの人垣が出来ていました。

8月13日
20140813-P8130035.jpg
五和駅の近くで
20140813-P8130046.jpg

8月14日
20140814-P8140089.jpg
家山 桜トンネンルで
20140814-P8140094.jpg

8月15日 母を伴い家族全員で行きました。
20140815-P8150196.jpg
志登呂に差し掛かる手前で
20140815-P8150200.jpg

帰省中一日一回しか通過しないトーマスを撮影ポイントを変えながら延べ三回撮影することが出来ました。




2014-07-15 06:18 | カテゴリ:FREE WILL
久しぶりに実家へ行ってきました。
先月は天候に影響されて行けませんでした。
台風通過後で快晴を期待していましたが天気は今一です。

行きの東名高速では青空に突き刺すような富士をイメージしていましたが
雲に覆われて少ししか見えませんでした。
20140712-P7120005.jpg

大井川港50周年祭プレイベントの丼ぶり祭り 
20140713-P7130029.jpg
掻き揚げ丼 200食 生シラス丼 200食限定とあって長蛇の列
20140713-P7130041.jpg
時折雨も降ってきて生憎の天気でしたが普段は中々出れないので少しは気晴らしになったかな!!

2014-06-03 06:30 | カテゴリ:FREE WILL
2014年5月31日
午前中カワセミ撮影中に撮影仲間から「SAYONARA国立競技場イベント」の話を聞きました。
ブルーインパルスが都心を飛ぶというだけでも珍しいしイベント内容も大変興味深かったので
午後の予定をキャンセルして三時過ぎ千駄ヶ谷に向かいました。

私は千駄ヶ谷駅前の交差点を渡って駅を背にした東京体育館側を見る位置に構えました。
20140531-DSC_3288-2.jpg

5月31に開催された「SAYONARA国立競技場FINAL“FOR THE FUTURE”」に参加したブルーインパルス」は青空を背景に競技場上空を航過した。

国立競技場をかすめるようなアングルで撮りたかったのですが場所取りが出来ませんでした。
せめて東京体育館と右側のビルの間を通過するところを狙っていましたが通過したころはもっと上空でした。
20140531-DSC_3352-2.jpg
それでも、上空を通過するたびに周囲からは歓声と拍手が沸き起こっていました。
2014-05-01 17:59 | カテゴリ:FREE WILL
写真仲間の撮影会があり、この歳にして始めて東京競馬場に行って来ました。

やさぐれたイメージは全くなく、広い、明るい、誰でも楽しめる話には聞いていましたがちょっとしたアミューズメントのようなところでした。

20140426-P4260001-2.jpg
京王線の府中競馬場正面前から専用の通路が競馬場の正門まで繋がっていて便利でした。

20140426-P4260038-2.jpg
とにかくこのように広くてコース以外なら何処でもシート敷いて飲食自由。
子供連れの家族もたくさんいました。

20140426-DSC_1541-2.jpg

20140426-DSC_1549-2.jpg
撮影の合間に2レース馬券も買いましたが100円から買えるのでゲーム感覚で楽しめました。
20140426-DSC_2173-2.jpg

本当に楽しい撮影会でした。
次はもう少し馬券を買っても良いかな!!
2014-03-11 17:08 | カテゴリ:FREE WILL
私と家内の誕生日は二日違いで、今までは誕生プレゼントも祝いの交換会みたいでしたが、
今年は何と子供たちが私たちのために二人の誕生日の間の2月19日に
イタリアンで誕生パーティーをしてくれました。
大変凝ったイタリアンのコースで美味しくいただきました。
ranjyo20140219-5.jpg
料理は美味しかったのですが皆なで撮ってもらった写真はいまいちでした。

tanjyo-20140219-4.jpg
なかなか気の利いたプレゼントでした~!!

tanjyo20140219-2-2.jpg

カメラを持参しなかったのが残念でした。

子供たちありがとう~!

毎年とは言わないからまたやってね~!!
2014-02-08 17:46 | カテゴリ:FREE WILL
太平洋上を進む発達中の低気圧の影響で、日本列島は8日、西日本から東日本の広い範囲で雪となった。
気象庁は20年ぶりとか言っているが私の経験では私が町田に越してきた頃大雪に見舞われ
倉庫からスキーを持ち出して造成地で滑った経験があるがそれ以来、かれこれ30年振りくらいになる
大雪です。
20140208-P2070030-2.jpg

20140208-P2070044-2.jpg

20140208-P2070053-2.jpg
家内の愛車もあと少しですっぽり!!

20140208-P2080063-2.jpg

20140208-P2080006-2.jpg
門灯もスッポリ!!

2014-01-07 23:06 | カテゴリ:FREE WILL
私の母も今年で88歳です。
今まで何もお祝いらしいことをしてあげられなかったので、このあたりで何か記念になるような
祝いをしたいと思っていました。夏に兄弟が集まった時、「米寿のお祝いをやろうよ!」
「うん!そうしょう!!」という具合に話がまとまりました。
しかし、どこで、どのようにするか??は何も決めていませんでした。

9月が過ぎてまだまだ時間があると思っていましたが、はたと気がつくと10月も半ばでした。
人数の目処は大人16人+子供たち5人 計21人、それなりの場所を確保しなければ収まらない。
場所が金谷の実家では、いつもの盆正月と変わらずだし、記念になるとは思えなかったので、
「外でやろうか!」「いいよ!」ここまでは順調。

普段地元にいないので口コミ情報は取れない、頼りはインターネット。
それでも、候補を三つに絞って、兄弟と母に打診・・・
そんなに遠くなくて・・・エーと・・・先立つもの・・・
足が痛くなくて、暗くなくて・・・何気に注文が多い(笑)

反応を見て、最終的に決めたのが焼津のホテル松風閣でした。
(このホテルのセールスマンじゃないけど、ネットでは中々いい感じ!)

参加できる人数を最終的に確認してホテルへの予約もフィックス、これで万端。
みんなに会場と日時を連絡ができたのが12月15日にでした。やれやれ!!

会場は焼津のホテル松風閣 パーティーは12:30~15:00 みんな遅れないようにね!!

1月2日がやってきました。
暮から続いていた天気は元日も晴れ、そして二日の今日も朝から快晴でした
横浜組は朝9時過ぎに出発、ところが東名高速は大井松田あたりから大渋滞。
お陰で青い空にくっきりと突き刺さるような正月富士を見物しながらノロノロ運転ながら気分は爽快!そうかい?
DSC_20140102-0004-2.jpg

ちらちら脇見運転しながら。。。
DSC_20140102-0118-2.jpg
それでも、カシャ!

12時半、何とかギリギリでしたが無事着きました
ホテル写真(昼間撮影)
駐車場にも案内係が待ち受けていて安心、車を降りて見上げれば、ほう~!なかなか!

DSC_20140102-0419-2.jpg
まだ一組到着していないので時間調整しながらの記念撮影 ホテルのロビーにて

20140102-P1020129-2.jpg
眼下に駿河湾、そして富士山も  これは正月から縁起がいいや!!
DSC_20140102-0421-2.jpg
ロビー前の庭にて  主役に木の陰が(眩しいかったので日よけに丁度良かったとか)

12時半の開始を13時スタートに変更してもらいました。
そして、時間が来たので会場へ案内していただきました。

会場は三階の一番奥の宴会ルーム(テーブル+椅子席の部屋)
入ると円卓が三つ!! これイメージと違う!ムカッ!
時間が過ぎているし、変更をお願いするには大掛かりになり過ぎる。
めでたい席、我慢我慢!!

昨晩の打ち合わせで持って来るはずだった乾杯用のシャンパン!
少し早めに着くように行っていようよ!ところが、バイパス藤枝あたりで忘れたのに気がつき
車の中で思案した末、取りに戻ったあの高級シャンパン!!これを生かさなければ!!

係りの中居さんに交渉!持ち込みは基本禁止なんで~そこを何とか上司に確認後OKサイン
なんだかんだで、開始は更に遅れ結局、13:30~16:00で話が落ち着いた。
その頃には、遅れていた鈴木ファミリーも到着したので、皆で勢揃いして乾杯!!
美代ちゃん米寿パーティーの始まり

大阪組が参加できなかったのが残念。(このブログを見て参加した気分になって!)

乾杯の写真はまだそこまで気が回らず無しです

20140102-P1020154-2.jpg
お子様メニューもなかなかのボリュームでした

20140102-P1020147-2.jpg
がつつく璃音

DSC_20140102-0171-2.jpg
今回一番若い海璃

20140102-P1020156-2.jpg
右がそのお母さん?

DSC_20140102-0191-2.jpg
おばあちゃんへ プレゼントタイム

DSC_20140102-0220-2.jpg
東川兄弟による 般若心経朗読  何故?不明! 

20140102-P1020207-2.jpg
二人とも一生懸命でした。

20140102-P1020193-2.jpg
ついでに、パパとママも

P20140102-1020151-2.jpg
今日は兄ちゃんより登場回数多いかな?

20140102-P1020187-2.jpg
またまた登板!おばあちゃんにプレゼント

20140102-P1020188-2.jpg
やっと!璃音登場じゃ

20140102-P1020197-2.jpg
真打登場! おばあちゃんより先にぼけないでね!!

ここで衣裳替え。
最初はいやだー!!と言っていた米寿衣裳だったが徐々になりきって行くところが美代ちゃんらしい。

20140102-P1020164-2.jpg
着替えて最初の一枚 まだ顔が強張っているみたい

DSC_20140102-0173-2.jpg
背景の青い海がいいねー  表情はまだまだ硬い

20140102-P1020158-2.jpg
もっと難しい顔して??

DSC_20140102-0231-2.jpg


DSC_20140102-0160-2.jpg
少し、ほぐれたような!!

それでは、そろそろ全員集合しますか。。。

DSC_20140102-0184-2.jpg

DSC_20140102-0225-2.jpg

DSC_2014010-0190-2.jpg

DSC_20140102-0428-2.jpg
あっ!と言う間に時間が過ぎて、お開きの時間が近づいてきました

DSC_20140102-0430-2.jpg
お開きの後、外での集合写真いったい!何を見つけたのでしょうか!?

やっぱり!思い切ってやって良かった~!!
おばちゃんにも、皆からのお祝いの気持ちが伝わったと思います。
(一言話してもらえば良かった!うっかりしていました!!)
時々、何かにかこつけて皆で集まりましょう!!













2013-12-31 20:14 | カテゴリ:FREE WILL
新年あけましておめでとうございます。2014
New Year Card Bu-1
2013-12-16 13:47 | カテゴリ:FREE WILL
12月14日(土)恩田川カワセミ愛好家の忘年会
が下記の企画で行われました。

時間:12月14日(土) 午後5時~8時
参加費:6000円

会場:海鮮市場 成瀬店  042-724-2244
通常は2時間、30分延長ごとに500円のところを店長さんの好意で延長料金なしでした。

料理:A:焼タラバコース  B.あんこう鍋コース 
何れかを事前選択、A:12名 B:10名でそれなりにバランスが取れました。
向かい合って分け合いながら話もはずみました。

今年の参加者は22名(昨年は18名)
生憎、参加できなかった方は私が知っているだけでも10人(男7人、女3人)
全員集まったら32名。本当に恩田川はカワセミの人気スポットですねー。
(カワセミブログだとMFがバレそうなので、このブログに掲載しました)

先ずは、お酒が入る前に記念の集合写真
DSC_20131214-0335-3.jpg
会が始まる前に記念撮影があると遅れる人が少ないようです。

カワセミ忘年会1
年長者スピーチM氏 「こんなに大勢のカメラマンが恩田川に出没しているとは!驚きです。・・・」

いよいよ!カワセミ写真コンテスト
今年は以下の三賞に各一作品をエントリーしていただきました。
A.飛び物賞(ホバリング・飛翔・飛び出しなど)
B.水浴び賞(映り込み賞、キーワードは水(水が映っていることが条件)
C.可愛いで賞(止まりもの)
■写真サイズ:2L
写真の裏側に撮影日,撮影場所(覚えていたら)、カメラマン名を書いてください。
■撮影場所:恩田川及びメダカ池
■撮影対象期間:2012年12月23日~2013年12月14日

最初の投票結果の発表はC.可愛いで賞(止まりもの)から
DSC_1.jpg
撮影日&場所:2013・8・9 12:08 たちばな幼稚園前  Photo by Mr.TF

カワセミ忘年会2-2

B.水浴び賞(映り込み賞)
DSC_2.jpg
撮影日&場所:2013・6・29 12:03 めだか池 Photo by Mr.TF

カワセミ忘年会3-2

A.飛び物賞
DSC_3.jpg
撮影日&場所:2013・8・7 13:28 三蔵時橋下流三段堰 Photo by Mr.TF

みなさま!!お疲れ様でした。
来年、更に盛会になるように宜しくお願い致します。
2013-11-29 08:30 | カテゴリ:FREE WILL
墓参りに行ったついでに滝ノ谷不動峡の紅葉狩りに行ってきました。
水車小屋やつり橋などがあって紅葉が良く似合う景観です。
しかし、今年は夏の猛暑の影響で色栄えが今一のようで少し残念です。
DSC_20131123-9004-2.jpg

逆さ紅葉
DSC_20131123-9214-2.jpg
2013-10-29 16:30 | カテゴリ:FREE WILL
町田時代祭りと流鏑馬 

今日は台風一過とともに朝から快晴に恵まれ気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
朝9時過ぎ頃カメラ仲間のSMさんから芹が谷公園で「流鏑馬」(やぶさめ)が行われると言う情報を
いただきました。兼ねてから一度行ってみたいと思っていましたので12時前にカワセミ撮影を一旦切り上げて
芹が谷公園へSMさん、みいたん、私の三人で向かいました。

パンフレットに流鏑馬が行われるようになった経緯が書かれていましたので、
勉強方々ここに掲載させていただきます。

ここは鎌倉みちの「上道」と呼ばれる軍道にも使われた重要道路で田城を築き、以後小山田氏を称した。次男重義は小野路城に三男重成は稲毛の升形城に、四難重朝は、保土ヶ谷を領し榛谷重朝は弓の第一人者と言われた。小山田一族は、鎌倉幕府の有力御家人を務めたが、後に北条氏によって滅ぼされた。下小山田町の大泉寺には小山田氏の墓がある。「倉掛の松」には、新田義貞が鎌倉に攻め込むときに松に鞍を掛けて馬を休めたという伝承があり、小野路町には、義貞が号令をかけたという「ならべー」という地名が残っている。このように、坂東武者が活躍した時代が町田市域にあった。小山田一族の勇壮さを思い起こして、町田市で「流鏑馬」を行うことになったと
書かれていました。

流鏑馬は予想以上に興奮しました。
この日、13人の騎射が日頃の鍛錬の成果を競い合いました。的は二種類あり、最初は厚紙に標的マークの円が描かれたたもの、それを2回射抜き、上位6人が二つ目の板的で勝負する。板的は当たっただけではダメで板を
粉砕しないと射抜いたことにことにならない。

この日、私は女性の騎射の馬上の美に見とれた。
DSC_20131027-1237-2.jpg

DSC_20131027-1246-2.jpg

DSC_20131027-1178-2.jpg
疾走の合図の扇が高々と上げられスタート地点からぐんぐんスピードが上がっていく 

20131027-20131027-DSC_0725.jpg

20131027-20131027-DSC_0732.jpg

20131027-20131027-DSC_0733.jpg

20131027-20131027-DSC_0734.jpg

DSC_20131027-1185-2.jpg
矢を放つ瞬間の勇猛さと涼しさを併せ持った姿に共感

20131027-20131027-DSC_0736.jpg
矢を放ったその直後が一番体制を崩しやすいと素人ながらに思うのですが見事なフォームだと思います

DSC_20131027-1134-2.jpg
見事!!板的を射抜き粉砕しました

20131027-20131027-DSC_0737.jpg
体制の整え方も決まっています

20131027-20131027-DSC_0738.jpg
全てのフォームが絵になっていました。大拍手です!!

今回で第四回ということでしたがこの賑わいと滅多に見られない勇壮な流鏑馬祭りは将来に渡り
人々に感動を与えるに違いありません。

来年は抜刀や砲術も見たいと思います。

2013-10-16 13:04 | カテゴリ:FREE WILL
写真クラブ写恩会の撮影会がありました。
今回のテーマは「東京の伝統文化と東京スカイツリー」です。
決められた場所ではなく、それぞれが思い思いの伝統を見つめて撮影。
夕方集合して東京スカイツリーを撮影という企画でした。

DSC_20130921-1927-4.jpg
粋な花嫁行列に会いました

DSC_20130921-1971-2.jpg
次は浅草伝統館で浅草芸者の座敷踊りがが披露されると言うので行ってきました

DSC_20130921-8714-2.jpg
こちらは上野の下町文化館の中にあった、昭和の一般市民の家の再現です

DSC_20130921-8868-2.jpg
こちらは中央大橋から蔵前橋の方へ川沿いの公園道を下りました 

DSC_20130921-8880-2.jpg
  
2013-09-22 05:00 | カテゴリ:FREE WILL
Musée du Louvre
今日は最終日、サンジェルマンで買い物をして午後からルーブル美術館へ行きました。
DSC_20130808-9307-2.jpg

DSC_20130808-9305-2.jpg

DSC_20130808-9309-2.jpg

DSC_20130808-9310-2.jpg
ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立美術館。
世界最大級の美術館であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。
DSC_20130808-9318-2.jpg
先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが展示されており、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。
20130808-19-2.jpg
世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れているとのこと、その内の二人。

夜のフライトで東京に帰ります。
Merci
2013-09-21 23:00 | カテゴリ:FREE WILL
Tour Eiffel
南フランスから帰り夕方からエッフェル塔へ行きました。
エッフェルに着いた時には既に8時でいたがまだ明るいー!!
DSC_20130807-9241-2.jpg
1889年、フランス革命100周年を記念してパリで開催された万国博覧会のときに、
その会場のモニュメントとして建設された鉄塔。名称は、それを建設した技術者、
ギュスターヴ・エッフェル
DSC_20130807-9220-2.jpg

DSC_20130807-9233-2.jpg

カフェで一休み
20130807-エッフェル塔4-2

20130807-エッフェル塔2-2

DSC_20130807-9291-2.jpg

20130807-エッフェル塔5-2